専業主婦でも借りれるカードローン

専業主婦が借りられるカードローンは銀行カードローンのみ!

2010年よりお金の貸し借りに関する規制が始まりました。
それまでは貸金業者に任せきりだったため、返済できるかどうかはあまり重視されず、借りすぎによる多重債務者が急増し社会問題となりました。
今では総量規制というお金を貸す側のローン会社が必ず守らなければいけない法律の元、貸しすぎを防止し、健全な貸付が行われています。

 

総量規制せ最も大きく制限されたのは借入可能が設定されたことです。
自分に収入があり、最高で年収の1分の3の金額まで借りれ可能、自分に収入のない人への貸出は原則不可となりました。

 

この総量規制は貸金業を営む会社に適用されます。
お金を貸す金融業者は銀行・消費者金融・クレジットカードでのキャッシング枠での現金利用があります。
この3つは下記の法律に基づいて営業しています。

  • 銀行:貸金業ではなく銀行業、銀行法適用につき総量規制の対象外 ⇒ 専業主婦に貸出可能
  • 消費者金融とクレカのキャッシング枠利用:貸金業にあたり貸金業法適用 ⇒ 専業主婦に貸出不可

銀行母体となり運営するカードローンであれば総量規制は関係なく、誰に貸す・貸さないは銀行が決めています。
収入ゼロの専業主婦であったも、配偶者である旦那に安定した収入があればOKです。
(収入の上下が月によって激しい場合は審査に通らない可能性があります)

 

消費者金融とクレジットカードでの現金引き出しは収入のある人のみが対象です。

銀行カードローンか消費者金融か?カードローン会社名で迷ったら?

銀行カードローンは基本的に商品名の前に銀行名がついているので判断しやすいです。
消費者金融は名前を検索すると公式ホームページのタイトルに消費者金融と書いてあります。

 

大手キャッシング会社が総量規制の対象か対象外か、一目でわかる表を作成してみました。

銀行カードローン
⇒総量規制対象外
消費者金融
⇒総量規制対象

・イオン銀行カードローンBIG
・セブン銀行カードローン
・新生銀行カードローンレイク
・みずほ銀行カードローン
・楽天銀行カードローン
・三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック
・東京スター銀行カードローン
・三井住友銀行カードローン
・じぶん銀行カードローン
・横浜銀行カードローン
・ジャパンネット銀行カードローン

・アイフル
・プロミス
・モビット
・アコム

専業主婦が借りられる限度額

夫の給与から捻出する生活費を削って返済に回さなければいけないことから、最高でも30万円から50万円までと設定されています。

 

申込み時に借りたい希望額を入力します。
その後審査でその金額を貸しても必ず最後まで完済できる返済能力があるかを判断します。

 

返済能力があるとされれば希望額が承認されます。
10万円借りたいと申請しても、返済可能と判断された場合は融資額が15万円と増える場合もあり、逆にそこまでの返済能力がないと判断された場合は融資額が5万円にある場合も。

 

全ては審査結果次第となります。

家族に知られたくない!カードローンで内緒の借入

インターネットから申込みなら24時間年中無休の受付となり、スマホから申込めます。

 

申込み後に本人確認のため、在籍確認と呼ばれる連絡が入りますが、カードローン会社名は絶対に名乗りません。
『吉田と申しますが、○○さんご在宅でしょうか?』というように、もし家族が電話に出てもバレないように配慮されていますので安心して下さい。

 

どうしても不安な場合は申込み時に携帯電話を登録しておけば、その番号に掛けてもらえます。
午後からは連絡しないで欲しいなど希望を伝えられますので、希望があれば申込み後に銀行のカードローン公式HPのお問い合わせ先に連絡を入れて伝えて下さい。

 

審査通過後にローンカードというカードローン利用専門のカードが郵送で届きます。
封筒には「○○銀行」とだけ書かれおり、カードローンと関連付ける文字は一切ありません。

 

貸す銀行側も借り手が借入を誰にも知られたくないと思っていることは知っています。
キャッシング利用を内緒にできるシステムが整っているのです。

審査が不安な場合

できるだけ希望額を少なく申請しましょう!
いきなり最高額の50万円や30万円を希望するよりは、5万円や10万円の方が審査に通りやすいです。

 

入力する項目も嘘を書かず、すでに他者での借入れがあっても正直に申告して下さい。
誰がどこで、いくら借りているのかは信用情報にしっかり記載されています。
嘘を書いて信用を落とさないことが大切です。

申込んでから借りられるまではどの位かかるの?

最短即日借りられます!
ローンカードが手元にない初回のみ、既存の口座に振込みしてもらえます。
一部必ず申込みした銀行に口座がないと即日融資不可の場合があり、その時はローンカードが届くのに平均1週間程度かかるので、すぐには借りられません。

 

全てのローン会社で『○時までに申込み』や『○時までに契約まで終わっている』など時間の制約もあります。

返済の不安 毎月の返済額は?

返済額は金利で決まります。
金利は各社で限度額が○万円借りられる人は○%になると決まっていて、おおむね100万円単位で段階的に変わっていきます。

 

専業主婦の借入限度額は元々少ないので、どこで借りても最高金利となってしまいます。
できるだけ低金利のカードローンを選んでください。

 

その他毎月借りている金額によって最低この金額だけは返して下さいねという最小返済金額が決められています。
例として10万円借りた場合の各社の返済額を表にしました。

大手カードローン会社で10万円借りた場合の最小返済金額

カードローン会社名 最小返済金額
イオン銀行カードローンBIG 3,000円
セブン銀行カードローン 5,000円
新生銀行カードローン
レイク
3,000円
みずほ銀行カードローン 10,000円
楽天銀行カードローン 3,000円
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 2,000円
東京スター銀行
カードローン
カードローンタイプ:5,000円
ネットローンタイプ:10,000円
じぶん銀行カードローン 2,000円
横浜銀行カードローン 2,000円
ジャパンネット銀行
カードローン
3,000円

いざ申込み!何が必要?

専業主婦は身分が確認できる書類があればOKです。
顔や住所がわかる運転免許証が最適ですが、なければ健康保険証やパスポートでも構いません。

収入証明書は不要!

各銀行ので収入証明書を提出する希望金額が決あらかじめ決められています。
100万円や300万円など専業主婦は絶対に借りられない金額が対象となっています。

 

さらに配偶者の同意書もいらないので、自分ひとりで申し込めが可能です!

 


参照サイト

http://www.stellamarisresortairservice.com

総量規制について詳しくまとめられているサイトです。

また、専業主婦がお金を借りる方法もチェックできるので急な出費があるときにおすすめです。

 

専業主婦カードローン審査65※即日借りるための審査通過術
http://www.stellamarisresortairservice.com